julyjuly

日記だとか文学音楽に関してだとか創作物の断片だとかです。
<< 穂村弘とスタバという組み合わせの妙。 | main | ロラン・バルト/恋愛のディスクール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アンドリュー・ワイエス「創造への道程(みち)」@Bunkamura
アンドリュー・ワイエスの美術展に行く。ハンマースホイ展に続き、これもまた非常に良かった。最近の美術展は当たりばっかりだ。これでフェルメール展を空いているときに見られれば文句無いんだけれども。

紹介サイトに、『多くの場合、ワイエスは鉛筆やペンなどで素描を描き、そして次に水彩を描きます。さらにドライブラッシュ(水気をしぼった筆で描く水彩画の技法)でより詳細に描き、最後にテンペラに取りかかります。』とあるが、この展では、その過程(ある作品について、鉛筆→水彩→テンペラ、とワイエスがひとつのモチーフについて仕上げていく様子)を見ることができる。これは非常に貴重な体験であった。へえ、こんな風に対象物を見つめて、鉛筆で描いて、水彩で捉えて、テンペラとして完成させていくのね、と、非常に面白かった。

作品は全体的に暗い茶系の色(好きな色なのだろうか)で統一されているが、露骨に感情を表に出すことはない。ただ、暗い色彩で描かれる対象物の奥に、ストーリーが隠されている。

10点ほど展示されていたテンペラ作品では、細部を見つめつくすことによって対象の本質を見抜こうとする力を強く感じた。そうだ細部に本質が宿るのだ、忘れてはいけない。細部、細部。

しかし完成形であるはずのテンペラよりも圧巻であったのが水彩であった。テンペラよりもずっと即興的である水彩において見られる、素晴らしい色彩感覚というか筆先感覚というか、どうしてこんなにも「すばやく」「やりなおしのきかない状況で」「的確に」優れたものを生み出すことができるのだろうと感嘆することしきりであった。その即興的な状況を楽しんでいるさまはまるでモオツアルトである(小林秀雄風)。

特に気に入ったのは「幻影(テンペラ)」と「野に置かれた義手(ドライブラッシュ・水彩)」のふたつだ。

(※ここhttp://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/10/043/index.htmlで「幻影」の習作(水彩)とテンペラを見ることができます。)

「幻影」は鏡に映った自分を描いた作品。「野に置かれた義手」は、倒れた木の上に義手が置かれており、その向こう、義手の持ち主である黒人が描かれているもの。「幻影」は「白」が非常に美しくまさに「幻想」的な作品で、自らを描いていると思えないほど客観的な表現が印象的なものだ。「野に置かれた義手」は、片腕の黒人が仕事中に休憩をとっているのだろうか、その切り取り方(画面に置かれた緑色までも)が非常に優しい作品だ。

最後に、近影がちょう渋くてかっこいいと思った。どうでもいいけど。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/08_wyeth/andrew.html
| なつき | 美術 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:19 | - | - |









http://julyjuly.jugem.jp/trackback/288
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ