julyjuly

日記だとか文学音楽に関してだとか創作物の断片だとかです。
<< 無い | main | 金子みすず >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
開かれているのは
開かれているのは清潔なパーティ。
清潔な人たちが集う清潔なパーティ。
永遠みたいに続く清潔なパーティ。

清潔なパーティに老いや死はいらない。
だからパーティ会場の中心には大きな水洗トイレ(洋式)がある。
(時には誰かがそこに座って愛を叫ぶこともある)

死や老いが現れそうになったらそこに流す。
流れた先には清潔な棺があって
流されたそれらが消毒されてパック詰めされる。
そのまま清潔な火葬場で焼かれて
清潔な死者の一丁あがり。
清潔なパーティでは清潔な死者は清潔に悼まれる。

パーティには清潔でないものは必要ない。

清潔なパーティではテレビも清潔だ。
遠くの国で
一途な若者の足がどんな風に見知らぬ死体を踏みつけただとか
やさしかったおじさんが爆発でどんな風にバラバラになっただとか
生まれた赤ちゃんの右手がどんな風に無かっただとか
欲望に押さえつけられた少女がどんな風に涙をこぼしただとか
そんなことは放映しない。
だって清潔じゃないから。

パーティの主催者は何より清潔が好きだ。
頼まれれば軍隊を使ってお水を配らせる。
お水は清潔だから。
お水は血とは違うから。

そうして誰も血を流さずに、パーティは清潔なまま進む。

ここで問題。
わたしはどこに居る?

遠くから主催者を囲み称える声が聞こえる。
皆がパーティの清潔さを愛しているその声が聞こえる。

わたしはどこに居る?

  ---

「ぼくはしょせんとても恵まれたエリートなんだ」と彼は言った。
目の奥を覗いてみたけれど何もなかった。
いまごろはエリートらしい仕事をしながらエリートらしい奥さんとエリートらしい家庭を築いていることだろう。

まず最初に君が君を許した。
だとしたらあとはそのまま転がるだけだ。
| なつき | 断片 | 01:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:32 | - | - |
いつ読み返してみても、
やっぱりなつきさんってすごいと思う
| うきふね | 2006/08/18 2:18 AM |
ぎゃふん!!
えと、あ、ありがとう!
| なつき | 2006/10/31 7:16 PM |









http://julyjuly.jugem.jp/trackback/23
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ