julyjuly

日記だとか文学音楽に関してだとか創作物の断片だとかです。
<< 夢 | main | カレークリーム味のスパゲティ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ドトール
でコーヒーを飲むのが好きだ。どれだけ「そんなゴミゴミした場所で、あんなジャンキーな(であってる?)飲み物を!」と言われようと、あのドトールの、なんというか、無記名的で機械的で他人行儀で、でも何となく親しみやすいような、あの妙な雰囲気が好きだ。他のコーヒーショップにはない何かがある気がする。なんとなく。

「私がそのときまでに、どんな風にものごとを眺めるようになっていたか、それであなたにもわかってもらえると思うのよ。子供が生まれてまだ一時間もたってなかったし、トムは例によって行方知れず。私は麻酔から目が覚めて、とことん一人ぼっちな気持ちになっていたんだけど、すぐに看護婦に尋ねたの。生まれたのは男の子か女の子かって。女の子だとわかったとき、私は顔を背けて泣いた。『いいわ』と私は言った。『女の子で嬉しいわ。馬鹿な女の子に育ってくれるといいんだけれど。それが何より。きれいで、頭の弱い娘になることが』」
 彼女は確信に満ちた声で続けた。「だからね、要するに世の中なんてすべて、ひどいことだらけなのよ。みんなそう思ってる。とても進んだ考え方をする人たちだって、そう考えている。でも私の場合は考えるんじゃなく、ただそれがわかるのよ。わたしはあらゆるところにいて、あらゆるものを見て、あらゆることをしてきたんだもの」
         
     スコット・フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」(村上春樹訳)より


今日は昨日より随分マシだった。朝起きて、きちんと食事を取り、いつもどおりの所作をひとつひとつ丁寧に確認しながら行う。大丈夫。

夕方、村上春樹訳の「グレート・ギャツビー」を購入し、ドトールで小一時間読書。本当は、あの素晴らしい冒頭だけでも、原書と野崎氏訳との三者を比較してウハウハ楽しみたいところなのだが、今はその根気がない、やる気がない、元気がない、そのうちのどれか、である。別にどれでもいい。

   ***

昨日の文章に付け加えて。

「あるもの」なんてものは所詮まぼろしで、思い込みとすれ違いと浅慮から生まれたもので、もしくは万が一かつて存在したとしても今は既になく、だからこそ、だからこそその「存在感」(「存在」、ではなく)とでもいうもの、が、(「存在」それ自体よりもむしろ強く長く)ひとを苦しめるのかもしれない。そんなただの感覚でしかないものを求めて求めて求めて、そのために自分の首を自分が死ぬまで締めてしまうのだ。
| なつき | 思ったこと | 18:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:57 | - | - |









http://julyjuly.jugem.jp/trackback/175
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/08 4:02 AM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ