julyjuly

日記だとか文学音楽に関してだとか創作物の断片だとかです。
<< 2005/4/11日記転載あるいは単なる言葉遊び | main | 驚愕。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
死のフーガ(Todesfuge)
夜明けの黒いミルクぼくらはそれを晩にのむ
ぼくらはそれを昼にのむ朝にのむぼくらはそれを夜にのむ
ぼくらはのむそしてのむ
ぼくらは宙に墓をほるそこは寝るのにせまくない
ひとりの男が家にすむその男は蛇どもとたわむれるその男は書く
その男は書く暗くなるとドイツにあてておまえの金色の髪マルガレーテ
かれはそう書くそして家のまえに出るすると星がきらめいているかれは口笛を吹き犬どもをよびよせる
かれは口笛を吹きユダヤ人たちをそとへよびだす地面に墓をほらせる
かれはぼくらに命じる奏でろさあダンスの曲だ

夜明けの黒いミルクぼくらはおまえを夜にのむ
ぼくらはおまえを朝にのむ昼にのむぼくらはおまえを晩にのむ
ぼくらはのむそしてのむ
ひとりの男が家にすむそして蛇どもとたわむれるその男は書く
その男は書く暗くなるとドイツにあてておまえの金色の髪マルガレーテ
おまえの灰色の髪ズラミート

ぼくらは宙に墓をほるそこは寝るのにせまくない
かれは叫ぶもっとふかく地面をほれこっちのやつらそっちのやつら歌え奏でろ
かれは腰の金具に手をのばすふりまわすかれの眼は青い
もっとふかくシャベルをいれろこっちのやつらそっちのやつら奏でろどんどんダンスの曲だ

夜明けの黒いミルクぼくらはおまえを夜にのむ
ぼくらはおまえを昼にのむ朝にのむぼくらはおまえを晩にのむ
ぼくらはのむそしてのむ
ひとりの男が家にすむおまえの金色の髪マルガレーテ
おまえの灰色の髪ズラミートかれは蛇どもとたわむれる
   
かれは叫ぶもっと甘美に死を奏でろ死はドイツからきた名手
かれは叫ぶもっと暗くヴァイオリンをならせそうすればおまえらは煙となって宙へたちのぼる
そうすればおまえらは雲のなかに墓をもてるそこは寝るのにせまくない

夜明けの黒いミルクぼくらはおまえを夜にのむ
ぼくらはおまえを昼にのむ死はドイツからきた名手
ぼくらはおまえを晩にのむ朝にのむぼくらはのむそしてのむ
死はドイツからきた名手かれの眼は青い

かれは鉛の弾できみを撃つきみをねらいたがわず撃つ
ひとりの男が家にすむおまえの金色の髪マルガレーテ
かれは犬どもをぼくらにけしかけるかれはぼくらに宙の墓を贈る
かれは蛇どもとたわむれるそして夢想にふける死はドイツからきた名手

おまえの金色の髪マルガレーテ
おまえの灰色の髪ズラミート

               パウル・ツェラン「死のフーガ」 飯吉光夫訳 より


ここに、その昔遊びで書いた「二声のフーガ」というものを載せましたが、構想(つまり、「フーガ」という音楽用語の名をつけたく文章を書こう、ということ)は全くこの「死のフーガ」から得ています。まねっこです。

パウル・ツェランはドイツ系ユダヤ人で強制収容所を経験しているとのことです。原文はドイツ語。やはりこういう詩ってヤツは原文で読んだほうが……とか言えない。読めない。もう読めないよー。

この詩はたしか、大学三年のときに文学部の初級者対象ドイツ語講座で扱われたものだったと記憶しています。わたしは第二外国語が仏語だったので、三年生ながら『初級者講座』を取ったわけです。と言っても文学部に進級した人たち向けの授業なので展開は速く、実験(わたしは理系でした)と両立するのが大変な授業でした。ていうか予習とかできなくていつも先生に謝ってた気がする。そしてドイツ語は全部忘れた。先生に迷惑かけまくったうえに全て忘れた。うわー。うわーん。というか英語すら忘れている。はっはっはー。ごめんなさいお母さんお父さん。学費とか。

しかしこの詩(に限らないと思うが)、訳すのがとにかく難しい。例えば、
 ^戝瞥醋椣豺毀
 'Schwarze Milch der Frühe wir trinken sie abends '
 夜明けの黒いミルクぼくらはそれを晩にのむ
 二段落目一行目
 'Schwarze Milch der Frühe wir trinken dich nachts'
 夜明けの黒いミルクぼくらはおまえを夜にのむ

などという単純な文章であっても、sie(ここでは=themと考えてよい)を「それ」と訳すか「彼ら」と訳すか、(dichを「きみ」と訳すか「おまえ」と訳すかとはまた別の問題で)で随分違いが出てくるものです。△呂そらく(と自信を持って言えないところが切ないですが)「夜明けの黒いミルク」を擬人化(dich=you)していますが、,浪未燭靴討修Δ垢戮なのか? そもそも「夜明けの黒いミルク」ってなんだ? そんなことを考え出すとキリがないのです。

また、授業で触れられ面白いなーと思ったのは以下。
 三段落目三行目
 'er greift nach dem Eisen im Gurt er schwingts seine Augen sind blau'
 かれは腰の金具に手をのばすふりまわすかれの眼は青い
 は暫瞥醋椹郵毀
 'der Tod ist ein Meister aus Deutschland sein Auge ist blau'
 死はドイツからきた名手かれの眼は青い

では「目」はAugenと複数形になっていますが、い任Augeで単数。これはなぜか? ということは、い亮,諒検屬れは鉛の弾できみを撃つきみをねらいたがわず撃つ」を見れば分かります。い痢屬れの眼」は、銃の照準を覗いている片目なのですね。そんなことがこの文が単数であるか複数であるか分かるわけです。うわーおもしろい。

そんなことが授業で扱われた気がします。死のフーガに関しては紹介程度、ほんの触る程度だったのですが、妙に心に残る詩で、当時はドイツ語の勉強も兼ねて暗唱していました。洗濯物干しながら「Schwarze Milch der Frühe wir trinken sie abends……フンフン」みたいな感じで。いや、そんな軽々しく暗唱するような内容の詩じゃないんだけど。

しかし、この訳文は、原文の、肌に直接触れる冷たさや脱力感を伴う絶望、また造詣の微妙な崩し方とその美しさ、まさに「フーガ」の名を冠するにふさわしい精緻な美しさをしっかり伝えていると思います。すばらしい。

なお、死のフーガについて検索している時に発見したこのページの訳は、独自のリズムをもった日本語という言語へのドイツ語からの移し込み、という点で、ギリギリのラインを追求した、非常に秀逸なものであると思いました。とても気に入ったのでご紹介します。ご参考まで。

*多分この文章、書きかけです。また直すかもしれません。
| なつき | 読書 | 21:52 | comments(1) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:52 | - | - |
こちらでは初めまして。
以前はご指摘いただきありがとうございました。
(ちょこちょこ間違えておいて何ですが)初期のツェランはそんなに難しい単語を使ってないんですよね。ほとんどベーシックとさえ言える言葉の組み合わせの妙と、リズムに抑制された響き(言語矛盾気味)で保っている。敢えて似た詩人を探すとすれば中原中也なのではないか、と思い始めてます。中期・後期は喩えようがない、というのが本音です。
訳はやっぱり、飯吉光夫訳が秀逸ですね。時々修飾が分かり辛くなったりするくらいで、訳からもいろいろなものが伝わってきます。ただ、入手至難なのが残念なところです。
| rokugomarunisai | 2007/01/14 10:54 PM |









http://julyjuly.jugem.jp/trackback/136
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/23 10:08 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/04 6:40 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ