julyjuly

日記だとか文学音楽に関してだとか創作物の断片だとかです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ユメ2
 こんな夢を見た。
 
 わたしは自転車に乗っていた。といっても運転しているわけではない。運転しているのはナオで、わたしは後ろからその肩に手をかけ、足を後輪の中心にある金具に乗せて立っていた。ときどきナオの首を絞める真似なんかをして「あぶねえ!」と怒られたりしながら、そんな感じで走っていた。

 ふと気づくとわたしはセーラー服、ナオは学生服を着ていて、それはわたしたちが出会った中学生の頃の装いそのままだ。しかし不思議にわたしはその時自分が高校生であるように思えた。実際そのようだった。それでいて35歳の今にもっている記憶もすべてある。

 ナオは中学三年から高校生にかけてのわたしの一番の男友達で、うっかりすると見とれてしまうくらい見事に整った顔だちをしていて、それは女子生徒の間に有力なファンクラブがあるくらいのものだった。それなのにナオは、とてもじゃないけど整っているとは言いがたい外見だという恐らくはそれなりに正確な自己認識を持つわたしをしげしげと見つめ、「おまえはほんとにかわいいな」とよく言った(わたしはそのたびに目もしくは脳のどこかが深刻にわるいんじゃないだろうかと少し心配した)。いつも一緒に笑い転げていた記憶はあるが当然のごとくその内容はほとんど覚えていない。旅行に行ってきたんだと言ってはお土産をくれた(だいたいが食べ物で美味しかった)。誕生日には大量の31アイスクリームをくれた(冷凍庫に入れるのに苦労した)。食べ物で釣れると思われていた感はある。

 すぐに、頭に浮かんだ「言わなくてはならないこと」を言う。
「わたし未来から来たの」
「へえ?」間抜けな声だ。
「ほんと」
「いつの?」吹き出したよこのひと。
「わたしたち35歳になってるころ」
「へえ」笑っている。

「じゃあさ、俺どこの大学にいくことになんの?」
「大学はねえ、ナオはA大、CはB大、I子は専門学校。Y子とKは高卒で働いて、わたしはC大」
「……」
「……」
「俺A大受けるつもりなのまだ言ってないよな」
「うん」
「まじか」
「うん」
 しばらくの沈黙。自転車はわたしたちに心地よい風を生み出しつつ同じ速度で走る。
「じゃあさ」
「うん?」
「35んなっても俺らやっぱりつるんで遊んでるわけ?」ナオはちょっと振り返りわたしに聞いた。目を細めているのは見慣れた仕草だ。
 わたしはそれには答えなかった。

 ナオ。大学を出てまもなく、わたしはある理由で君との関係を断ってしまうことになる。わたしは今35歳で、もうすぐ36歳になろうとしていて、君にはもう13年も会ってない。連絡先もわからない。ずいぶん前に、君が結婚してたことだけ耳にした。たぶん、似合いの綺麗な奥さんと幸せな家庭を築いてるんだろう。仕事は君ならなんだかんだ真面目にやってるだろうね。そういうところがかわいいってキャーキャー言われてたんだもんね。

 さあ最後のひと言だ。
「ナオは『君は大丈夫』って言われなくても全然大丈夫なひとだってわかってるけど、それでも言うけどナオがずっと大丈夫なのわたしは知ってんだよね、だからわたしが保証するけどナオはずっと大丈夫」
 言わなくてもいいと認識していることを回りくどく長々と。しかもそんなこと高校生の時のわたしだってわかってた。せっかく未来から来といて役立たずにも程度ってものがね。

ここでブラックアウト。時間切れ終了。
どうぞ現実へ。


   ***

夏目漱石「夢十夜」オマージュ第二弾。

なので別にこんな夢は見ておらず創作なのだけれど、ナオくんの設定はそれなりに現実に即している。「うっかりすると見とれてしまうくらい見事に整った顔のひと」に、「ほんとにかわいいな」などと言われるなどわたしの人生においてそれがおそらく唯一のケースであろうし、そう考えるとずいぶんとありがたい、貴重な体験をしたものである。南無南無。

いまわたしは、彼の目もしくは脳のどこかが当時と比べてより深刻にわるくなっていないことを少し祈っているものの、彼の幸せに関しては、わたしが祈っても祈らなくてもほとんど影響はないだろうと思っている。心配はしていない。
| なつき | 断片 | 18:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
ユメ
こんな夢を見た。

   ***

わたしは死のうとしていた。

愛した男に裏切られた。ただそれだけのことだった。しかもそれも尤もな話で、最初からうまくいく筈はなかったのだ。わたしが求めたのは恋愛ではなく癒着だった、病的ともいえる程の。そしてその欲求は恐怖から生じていた。人生に対する恐怖だ。これで、これでなんとか生きていける、そんな思いを無意識のうちに相手に背負わせてしまっていた。うまくいく筈は無い。

わたしは死のうとしていた。美しい死に方はないかとしばし思案し、やはり入水することにした。泳げないわたしには丁度いい。手ごろな川が近所にあった。流れが速く、すぐ海に出る。

ある美しい月夜だった。わたしはそうっと川に入った。冷たさが身体を刺した。11月の水はやはり冷たいのだな、と思われた。また件の男が、わたしの頬に手をやりながら、おまえの顔は天使みたいだ、と言ったことも思い出された。しかし発見されるわたしの顔はそれとは程遠くなっているだろう。

仰向けに浮かび目を閉じた。件の男は悲しみもしないだろう。新しい女を抱きながら、厄介払いができたことを喜びはしても。もはや口惜しさも嫉妬も無かった。ただ、水になってしまいたかった。

そのままどれだけ時間がたっただろうか。ざわざわと騒ぐ声で目を開けた。川岸に人が集まっているのが見えた。周りは既にほの明るく、そしてわたしは生きていた。丁度潮の関係で流れの無い日だったのだ。

あんた大丈夫かい、と一人の男が大声で呼びかけてきた。「酔いを醒ましていたのです」と答えて川からあがり、川岸の道を歩き始めた。五里も歩いて、日常に戻った。

---------

あの、フィクションですよ、一応書いとくと。

JUGEMテーマ:
| なつき | 断片 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
幸せ、もしくは詩/うた
ことばが溢れている。何を見ても詩になる、何を聞いても詩になる。そう、わたしは、このままうたになってしまいたいのだ。

なんて、気障なことを考える。気障だねえ。聞いてあきれる。

冷たい空気を裂くように、自転車のペダルをぐっと踏み込んだ。かわいた風が鼻を撫でて、わたしはひとつの球になった。

JUGEMテーマ:
| なつき | 断片 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ねえ、
「ぜったい」、なんてぜったい言わないで。
| なつき | 断片 | 19:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
メモ・弱さについて
 「本当の弱さについてあなたが何を知っているというの? あなたに弱いものを軽蔑する権利も何も無いわ。」そう言う彼女はほとんど泣き出しそうに見えた。軽蔑などしていないと弁明するわたしの言葉に聞く耳を持たない。

 「わたしの父と母は二人で暮らしていたの。父は足が悪くて寝たきりになっていて、わたしが嫁いでからはそんな父を母は一人で介護していたわ。去年、あれだけたくさんの雨が降るまでは。

 雨は全てのものを流し壊した。水量も水の勢いも圧倒的だった。後に残ったのは、肩まで水に浸かって汚れ使い物にならなくなった家だけだった。

 父と母は濁流に襲われたその家の中にいたの。水が来たのがあまりにもいきなりのことだったから、助けも間に合わなかったのね。徐々に床の上に水が入ってきて、母は必死で父を布団から連れ出した。でも母の腕力ではとても、水を避けて父を二階まで連れて行くことなんてできなかった。何とか居間のちゃぶ台の上へ持ち上げるのが精一杯だったわ。そして母はそのまま父を抱えて動けなくなった。まもなく父の胸へ、顎へ、口元へ水が迫ってきて……そのまま父はあっさりと溺れ死んだ。自分が汗水たらしてローンを払い続け、30年も住み続けた、ちっぽけな片田舎の家の居間で。母の腕の中で。彼はあっさりと死んだのよ。ほんの数十センチの水から、立ち上がって逃げることができずに。そして母は、ほんの数十センチ、父を引き上げてやることができなかった。

 あなたにそのときのわたしの父の気持ちが想像できる? 立って歩くことさえできれば逃げることができる、それが、ただそれだけのことができずに死んでいかなければならなかったわたしの父の気持ちが。みんなは当然逃げることができる、その中でただ一人、どうしようもなく自分の死を見つめながら死んでいかざるを得なかった父の気持ちが。そして、そんな父の死をただ茫然と見ているしかできなかったわたしの母の気持ちが。

 母はその後、ほとんど口をきかなくなったわ。そして呆けて、ある日突然倒れて逝ってしまった。あっさりとしたものだったわ。もうこの世に用はないと言わんばかりの死に方だった」

 彼女はわたしの眼をきつくにらみつけ言い放った。

「それが弱さについてわたしが知ってる全てよ。」

 あのときの彼女に、一体誰が何かを言えただろう?

   ***

「死ぬ気になれば、なんでもできる」なんて、幸運で強い人間の傲慢だ、と思うわたしはではいったいなんなのでしょうか。
| なつき | 断片 | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
ほんとうは、
ほんとうは、すごく心細い。こんな場所にたった一人で、まわりをみまわしても誰も居なくて、身体はどんどん冷えていって、どこにもいけない、何もうまくできない。いやちがう、できる、あたしならできる、無理にそう言いきかせながら、一歩ずつ細い細いロープの上を踏み外さないように歩く。

ロープの下は真っ暗闇で、いったい自分がどんな高み(ほんとうはすごく低いところかもしれないけれど)にいるのかも分からなくて、だから明日にはもしかしたらこなごなになくなってしまうかもしれない、そんな自分のからだと心をできる限り愛おしみなさい、どこからかそういう声が聞こえるけれど、あたしの耳はそれを受け入れる余裕がない。いつのまにか足元ばかり見ていて、そのせいで背中は丸くなって、徐々に目が見えなくなっていく。

こういうの、終わるの終わらないの。
| なつき | 断片 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
言葉2
言葉とは肌である。それはあなたとわたしを隔てる唯一の布である。
言葉とは指である。それはあなたの首筋を優しくなぞりつ降りてゆく。
言葉とは目である。それはふるえながらまっすぐにあなたに向かってゆく。
言葉とは髪である。それはあなたの上に流れてすぐに消えてゆく。
言葉とは唇である。それはあなたの耳の上で軽やかにころがる。
言葉とは肉体である。それは血と肉を持つ生きた物体である。切れば血が流れ、噛めば痛む。

言葉とは抱擁であり、彷徨であり、沈黙であり、憔悴であり、涙であり、消費であり、あやまちであり、行動であり、接触であり、告白であり、理解であり、記号であり、真実であり、困惑であり、そしてそれらすべてを含んだわたしという不器用な一固体の発する震えである。
| なつき | 断片 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(1) |
言葉
男が「俺の孤独を理解してくれる女は一体どこにいる?」と言いながら、手の届く場所にいたある女にキスをしたとき、その女は、「この哀れな男は一生、他人の、そしてわたしの孤独を理解しないまま死ぬだろう」と考えていた。
| なつき | 断片 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
嗚咽がふいにミーチャの胸奥からほとばしりでた。彼はアリョーシャの手をつかんだ。
「なあ、アリョーシャ、屈辱だよ、今だって屈辱に泣いているのさ。この地上で人間は、恐ろしいほどいろいろなことに堪えていかなけりゃいけないんだ。人間には恐ろしいほどたくさん災厄がふりかかるんだよ! この俺を、コニャックばかり飲んで放蕩の限りをつくしている、将校の肩章をつけたただの下種野郎にすぎない、なんて思わないでくれ。俺はね、ほとんどこのことばかり考えているんだ。この虐げられた人間のことばかり考えているんだよ。ほらを吹いていないかぎりはな。これからは、ほらを吹いたり、空威張りしたりしたくないもんさ。俺がそういう人間のことを考えるのは、つまり自分がそういう人間だからさ。

  卑しい世界から人が
  心で立ち直るためには、
  古き母なる大地と
  とわの契りを結ぶことだ(注:シラーの『エレウシスの祭』)

 ただ問題は、どうやってこの俺が大地ととわの契りを結ぶかってことだよ。俺は大地に接吻もしないし、大地の胸を切り開きもしない。いっそ俺は百姓か牧夫にでもなるべきなんだろうか? 俺はこうして歩みつづけながら、いったい自分が悪臭と恥辱の中に落ち込んだのか、光と喜びの世界に入ったのか、わからない。そこが困るんだな、なにしろこの世のすべては謎だよ! よく、恥さらしな放蕩のいちばん深いどん底にはまりこむようなことがあると(もっとも、俺にはそんなことしか起こらないけど)俺はいつもこのケレースと人間についての詩を読んだものだ。じゃ、この詩が俺を改心させただろうか? とんでもない! なぜって、俺はカラマーゾフだからさ。どうせ奈落に落ちるんなら、いっそまっしぐらに、頭からまっさかさまにとびこむほうがいい、まさにそういう屈辱的な状況で堕落するのこそ本望だ、それをおのれにとっての美と見なすような人間だからなんだ。だから、ほかならぬそうした恥辱の中で、突然俺は賛歌をうたいはじめる。呪われてもかまわない、低俗で卑しくともかまわないが、そんな俺にも神のまとっている衣の裾に接吻させてほしいんだ。一方では同時に悪魔にのこのこついて行くような俺でも、やはり神の子なんだし、神を愛して、それなしにはこの世界が存在も成立もしないような愛を感じているんだよ。

       ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」(原 卓也訳)より

喉が渇いている。器官のひとつひとつが、細胞のひとつひとつが全力で水を求めている。わたしはその声を聞く。ほとんど叫びに近いその声を。
コップに水を満たし、一息に喉へ流し込む。流し込んで、一息つく。それでも、その痛みに似た渇きは一向に癒されることがない。「けれど、何も起こらなかった」ゲームの中のつめたく乾いた表示みたいに。

   ***

汗をかいて目を覚ました。わたしは夢の中で、すでに遠い昔に失われてしまった「あるもの」を無理に手に入れようとしていた。そのためならば、今ある他のものを全て壊してしまってもかまわない。

つるはしを手にわたしは、あらゆるものを壊し続けた。そのうちにわたしは、いったいその破壊行為のその末に、何を手に入れることになるのか、それについてさえ考えなくなっていった。ただ欲しかった。その「あるもの」を手に入れれば、それさえ手に入れさえすれば、そうすればわたしは、その時に止まるだろう時間の中で、幸せになることができる、そう考えた。そう考えて、ひたすらつるはしを振るった。

気づけばつるはしはわたしの手そのものであった。泣き叫ぶ「それ」を排除せよ、わたしの身体がわたしの理性に命令していた。「それ」とは、擬人化された「想像力の欠如」であった。「それ」は想像力の欠如を無感覚さと意味のない言葉で埋めて、他人を傷つけながらあたかも自身が傷ついたような顔をしていた。「それ」を排除せよ、そうすればわたしは「あるもの」を手に入れることができる。そうすれば。わたしは「それ」の喉に手をかけた。

   ***

「それ」とはなんだったのか?

   ***

わからない。

   ***

わたし自身のことだったのかもしれない。

   ***

太宰は「生活すること」の感覚がわからない自身の性質を「人間失格」の中で吐露して死んだ。穂村弘はカルピスを飲み、「もう生きてやらんぞ」と叫んだ。フィリップ・マーロウは、自身にしか聞こえない「鐘の音」を聞きながら、それでもただ生きた。ひたすらハードボイルドに。彼らもこんな風に、夢の中で何かを必死に求めただろうか。
| なつき | 断片 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(3) |
わたしは水になりたい
ゆったりとゆれてゆっくりと溶けていく
そうすればどこにでもいける

ちいさくなってあなたの心の奥へ
おおきくなってくじらの口の中へ

もしかしたらあなたは寂しがるかしら
でもそんな必要はない
ほんとうはわたしはどこにでもいて
ほんとうはわたしはどこにもいない
| なつき | 断片 | 15:22 | comments(3) | trackbacks(7) |
| 1/2 | >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ